一般社団法人HCLE

学校照明

育ち盛りの子供たちにとって、学習効果を高め、健康を損なわないための照明環境が大切です。特に視覚は、机上の読み書き、黒板の判読、体育館でのスポーツ、最近では、タブレットを使用した学習など、目を酷使する傾向にあり、守っていく必要があります。

また、目の疲労度を下げる同時に、規則正しい生活リズムを送るための一助となる照明コントロールも考慮しながら、学習のための照明環境を構築していかなければなりません。

教室のどの場所でも均一な照度を保つこと、遠近の文字の判読性を保つこと、科学的に目に優しいこと、子供たちの生体リズムをコントロールして、快適で過ごしやすい場所を作ることを念頭に、使用する照明器具を検討していくことが急務です。



病院 →
患者様にとって安心で過ごしやすい照明環境構築はもちろんのこと、医療業務をおこなうお医者様、医療スタッフ様の日頃の負担を、少しでも和らげることが大切です。安全第一の医療の現場だからこそ安心・安全な照明の導入が必要です。
学校 →
育ち盛りの子供たちの眼はとても大事。日々勉強に運動にはげむ生徒の眼への負担とを少しでも和らげ、健康的な生活を送ることができる照明が求められています。
公共施設 →
多くの人たちが集まる公共施設では、安全と同時に、どの方にとっても過ごしやすい照明環境を構築する必要があります。役所・駅・道路など、照明の切替対応範囲は多岐にわたります。